【PS4】初心者にはどのFPSがオススメ?ゲームを選ぶ時の基準を解説します。

FPSの門を叩こうとしているそこのア・ナ・タ!

そうそう、貴方ですよ!

 

本日は、FPSを始めたばかり or これから始めようとしている初心者の人に対して、

FPSを選ぶ基準やオススメのゲーム(PS4)を解説していこうと思います!

 

「いきなりPvP(対人戦)をやってもいいの?」

「人気のFPSを選んでおけば問題ない?」

 

そういった疑問にもお答えしていきますので是非ご参考までに~♬

 

注意

  • 本記事は、「初心者にオススメできるかどうか」という視点から書いた個人的意見です。
  • どれだけ世間で人気のゲームであっても、初心者にオススメできないものについては、はっきり「オススメできない」と言います。
  • TPS(三人称シューティング)は対象外としています。

 

やりたいゲームが決まっている場合

 

もう既にやりたいゲームが決まっている場合は、そのゲームを選んでも問題ありません。

 

というか、そのゲームを是非プレイしてください。

実際に、そのゲームをプレイしてみて、自分に合うと思うなら、それが一番ベストですからね。

 

「やりたいゲームが決まっていない」

「プレイしたゲームが自分に合っていなかった・面白くなかった」

 

という方はこのまま読み進めてください。

 

一度もFPSをやったことがないならPvEを選ぼう。

 

これまで一度もFPS視点(一人称視点)のゲームをやったことがないという方。

その方は、まずPvE(対コンピューター)のゲームを選ぶのが良いと思います。

 

『PvE』とは?

Player vs Enemy」の略であり、「人間 対 CPU」のことを指します。ゲーム内に登場する敵は全てコンピューターであり、用意されているストーリーやミッションを進めていくことがメインの目的となります。

 

なぜ、PvEがオススメなのか。以下、その理由です。

 

まず、PvEの場合、敵はすべてプログラミングされたコンピューターです。感情や思考を持つ人間ではないので、全く気を使う必要がありません。

下手くそなプレイをしても、誰かに迷惑を掛けるわけでもなく、自分のペースでゆっくりと進めていくことができます。初心者にとってこれは非常に大きいです。

 

また、難易度調節ができるゲームも多いので、難しいと思うなら難易度を下げれば良いですし、効率よく進めるための攻略法もちゃんとあります。要するに、初心者でも詰まってしまうことはほとんどなく、誰でも楽しめるという点に特徴があります。

 

ストーリーを楽しめるかどうかは別として、少なくともFPS視点に慣れるという意味では、PvEは最適かもしれません。

 

PvEの良いところ
  • 他の誰かに気を使う必要がない。
  • 自分のペースでゆっくり進めていくことができる。
  • 難易度調節ができるゲームが多いので、初心者でも詰まることがない。
  • FPSの視点や雰囲気に慣れることができる。

 

…た・だ・し!

 

対人戦スキルはほとんど身に付きません(;^ω^)

エイムが上手くなったように感じるかもしれませんが、気のせいです。

 

と言うのも、PvEに登場する敵は、かなーりゆっくり照準を合わせてから射撃をしても、簡単に倒せますし、対人戦ほどシビアなエイムは要求されません。

動きも非常に単調であり、せいぜい障害物の裏に隠れるぐらいですかね。ボーっと道のど真ん中に立っている奴が多いですし、近接武器を持って突進してくる奴もいます(笑)

 

そういうわけで、対人戦で通用するエイム力は身に付きづらい…というか、ほとんど身に付きません。何となくFPSの射撃感に慣れることは出来るかもしれませんけど…。

 

ただ、もっと深刻なのは「索敵」や「クリアリング」です。

 

と言いますのも、PvEに登場する敵は決まった位置にしか湧かないので、相手の位置を予測する必要がありません。湧いてきた敵を片っ端から倒していくだけなので(;^ω^)

 

そのため、FPSで必須と言われている「索敵」や「クリアリング」のスキルが上がらず、その癖も全く身に付かないということになります。

 

※)索敵をする癖が身に付かないため、初心者は、エイムで撃ち負ける前に、知らない間にやられることが多いと思います。

 

PvEのダメなところ
  • シビアなエイムを必要としないので、対人戦で通用するエイム力が身に付かない。
  • 敵の位置が決まっているので、「索敵」や「クリアリング」の癖が身に付かない。

 

なので、PvEについては、あくまでもFPSの雰囲気に慣れるためにやるべきかなーと思います。その点を踏まえた上で、PvEのオススメゲームを紹介していきましょう。

 

① Fallout4

オススメ度: 4 out of 5 stars (4 / 5)

正直、純粋なFPSの面白さだけで言うなら微妙なんですが、ストーリーや収集要素、クラフト要素が群を抜いて面白いゲームです。

RPGを楽しみながらFPSの操作に慣れていきたい人にはピッタリかもしれません。

 

やり込み要素や中毒性が高いゲームなので、FPS入門のつもりで購入したのに、気が付けばこのゲームしかやってない…なんてことも?(;^ω^)

 

② アウター・ワールド


オススメ度: 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

上記「Fallout4」と同じようなゲームであり、どちらかと言えば、FPSよりもストーリーを楽しむことがメインとなっています。

Falloutにハマった人なら一度プレイしてみる価値アリ。メインストーリー自体は20時間ぐらいでクリアできるボリュームなので、サクッと終わらせたい人にはオススメです。

 

③ ボーダーランズ3

オススメ度: 5 out of 5 stars (5 / 5)

アクション要素の高いFPSであり、非常に爽快感のあるゲームです。

ボダラン3の操作に慣れておけば、ApexLegendsなどに応用できるかも。最初にプレイするFPSとして本作を選ぶのもアリですね。

 

ストーリーやハクスラ要素も非常に面白く、気が付けばドハマりしていること間違いなし。

ただし、レア度の高い武器やレベル上げでゴリ押しできるので、自分の実力と勘違いしない方が身のためです(;^ω^)

 

補足

本作はオンラインマルチプレイにも対応しており、フレンドと一緒にストーリーを進めていくこともできます。

 

④ ファークライ ニュードーン

オススメ度: 3 out of 5 stars (3 / 5)

一風変わったFPSを求めているなら「ファークライ」シリーズはどうでしょう。

 

本作は、いわゆるオープンワールドゲームとなっており、広大なマップを舞台に、敵の拠点を制圧していく…という内容です。

敵の拠点に乗り物で突っ込んでも良いし、銃を握りしめて正面突破しても構いません。他のゲームには無い自由度の高さが売りのFPSです。

 

というわけで、「一本道のステージを淡々と進んでいくのが嫌!」という人にはオススメできる作品ですね。

「ファークライ5」の外伝作品なので、前作をプレイしておいた方が良いと思いますが、ストーリーが鬱展開なので人を選びます。その点はご注意ください。

 

⑤ ウルフェンシュタイン: ヤングブラッド

オススメ度: 4 out of 5 stars (4 / 5)

オフラインソロでプレイすることのできるFPSといえば、ウルフェンシュタインも外せません。

第2次世界大戦に勝利したナチスに立ち向かう」という架空のパラレルワールドを舞台としており、本作はシリーズ最新作となります。

 

ステルスキルの要素があったりして、単純にドンパチするだけじゃないFPSという感じ。

NPCの仲間を1人連れていくことができるので、ソロでプレイしつつも仲間と共闘している雰囲気も味わえる面白い作品です。

 

PvPのゲームを選ぶときの注意点

 

「PvEをプレイして、FPSの操作にも慣れてきた」

「面白そうなPvEが見つからないから、いきなりPvPをやってみたい」

 

そういう方は、PvP(対人戦)のゲームに挑戦してみましょう。

 

『PvP』とは?
Player vs Player」または「Person vs Person」の略であり、「人間 対 人間」のことを指します。他のプレイヤーと腕を競ったり、対戦形式のモードで勝利を目指していくことがメインの目的となります。

 

まず、PvPのゲームについてひとつだけ最初に言っておきます。

 

簡単なゲームなんて存在しません。全部難しいです。

 

どのゲームを選ぶにしても、「ルールを理解する」「立ち回りを覚える」「エイムを練習する」といった鍛錬は必要であり、それを一切やらずに楽しむことなんて無理です。

 

なので、「練習なんてしたくない」という方は、大人しくPvEオンリーで遊ぶか、FPS以外のゲームをやった方が良いと思います。

 

それを踏まえたうえで、やっぱり初心者に不向きなPvPもあるんですよね。

以下、その点を解説していきます。

 

初心者がPvPのゲームを選ぶうえで考慮すべきポイントは、ずばり以下の点です。

 

考慮すべきポイント
  1. リスポーン(復活)の有無
  2. キルタイム(TTK)の長短
  3. キル以外の貢献要素
  4. 1人にかかる責任・負担の重さ

 

① リスポーン(復活)の有無

まず最初に、初心者が選ぶべきは「リスポーンあり」です。

要するに、相手にやられても何度でも復活できるゲームですね。

 

何故かと言うと、リスポーンが無い場合、死んだ時点で終わりなので交戦経験が増えず、なかなか撃ち合いが強くならないからです。

 

これは、対人戦に慣れていない初心者にとって死活問題なんですよね…。

初めのうちは直ぐに死んじゃうので面白くないし、交戦経験が増えないので腕前が上がらないという負の連鎖に陥ります。楽しめるんだったらそれでも良いですけどね。

 

ですので、「どうしてもバトロワがやりたい!」といったこだわりがない限り、リスポーン有りのゲームを選ぶことをオススメします。

 

POINT
  • リスポーン無し=緊張感を楽しむことは出来るが、交戦経験が増えないので、腕前が上がりづらい。
  • リスポーン有り=何度でもリトライできるので、自然と交戦経験が増えることになり、腕前が上がりやすい。

 

② キルタイム(TTK)の長短

キルタイム(TTK)とは、接敵してからキルを取るまでの時間のことを言いますが、

個人的に、初心者にオススメなのはキルタイムが短いものです。

 

※)「TTK」=「Time To Kill」の略。

 

「え?キルタイムが短いとすぐにやられちゃって初心者にはキツイんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、全く逆です。キルタイムが長い方が初心者にはキツイんです。

 

例えば、初心者の方から先に撃ち始めたとしましょう。

普通に考えれば圧倒的に有利ですが、初心者のエイムはブレることが多く、思っている以上に弾は外れます。そうすると、キルを取り逃がすことが多くなり、キルタイムが長ければ長いほど、その傾向は顕著となります。

 

しかも、上級者は、先に弾を当てられても、咄嗟に撃たれた方向を確認し、障害物の裏に隠れるなどして、態勢を立て直す技術を会得しています。そこから反撃に転じるわけです。

ちょっと考えれば分かりますが、キルタイムが長くなれば、上級者に反撃の機会を与えることになり、初心者は不利になってしまいます。

 

しかし、キルタイムが短ければ、「よーいドン!」で撃ち始めたときに、マグレで撃ち勝てることもありますし、

先に撃ち始めたのであれば、ガバエイムでも何とかなります。キルまでの時間が早いので相手に反撃の機会を与えないからです。

 

そういうわけで、初心者はキルタイムが短いものを選ぶのがベターかなと思います。

 

POINT
  • キルタイムが長い=どうしてもキルを取り損ねる場面が多くなり、上級者に反撃の機会を与えることになる。
  • キルタイムが短い=上級者に反撃の機会を与えないので、ガバエイムでも何となる場面が多い。

 

③ キル以外の貢献要素

また、「キル以外の貢献要素」があるかどうかも重要ですね。

もちろん、そういう要素があった方が初心者にはオススメです。

 

言わずもがな、初心者はそんな簡単にキルは取れません。初めのうちは、普通に0キルの試合も多いと思います。

 

そういう初心者の頃に、キル以外の貢献要素があれば、初心者もモチベーションを維持できると思うんですよね。

 

④ 1人にかかる責任・負担の重さ

最後に、1人にかかる責任・負担の重さ。これも地味に重要です。

 

例えば、3対3の対戦ゲームの場合、1人が背負う責任の重さは 33% です。

1人1人の立ち回りが試合の勝敗にそのまま直結するので、非常に責任が重いといえます。

 

しかし、BFのような32対32の対戦ゲームの場合、1人が背負う責任の重さは 3% です。

なので、1人ぐらい下手くそな奴がいたとしても、それによって試合に影響を与えることはほぼありません。

 

もちろん、初心者にオススメなのは1人にかかる責任・負担が軽いものですね。

 

初心者にオススメのPvPゲーム

以上の考慮ポイントを踏まえて、オススメのPvPゲームを紹介していきましょう。

初心者にはオススメできないゲームにも触れていますので、ご参考までに!

 

① Apex Legends

オススメ度: 1 out of 5 stars (1 / 5)

  • リスポーン:無し(ただし、一定の条件を満たせば復活可能)
  • キルタイム:長い
  • キル以外の貢献要素:少ない
  • 1人にかかる責任:重い

 

「Apex Legends」は、現在最も勢いのあるバトロワですが…

 

初心者にはオススメできません。

 

まず、バトロワなので、リスポーンはありません。死んだらそこで終わりです。

一定の条件を満たせば復活することも可能ですが、味方に依存するので、基本的にリスポーンは無いと考えておいた方が良いですね。

 

しかも、ApexLegendsのマップは比較的小さいので、すぐに接敵します。初心者のうちは、あっという間に死にますよ。

 

また、他のFPSに比べてキルタイムが長いので、エイム勝負になりがちであり、初心者は撃ち負けることがほとんどだと思います。

もし、ApexLegendsに挑戦していくのであれば、「この厳しい環境でエイムを鍛えていくんだ!」という固い意思が必要です(;^ω^)

 

キルを取る以外にも、回復や索敵など、勝利に貢献できる方法は多少あるでしょうけど、3人1組のApex Legendsにおいて、キルが取れない奴はお荷物でしかありません。それぐらい1人にかかる責任は重いと思っておいてください。

 

② レインボーシックスシージ

オススメ度: 1 out of 5 stars (1 / 5)

  • リスポーン:無し(ただし、ラウンドが変われば復活できる)
  • キルタイム:短い
  • キル以外の貢献要素:少ない
  • 1人にかかる責任:重い

 

R6S(レインボーシックスシージ)も 初心者にはオススメしません。

 

R6Sは、5対5の少人数チーム戦なので1人にかかる負担が大きいですし、「死んだら終わり」という点はApexLegendsと同じ。

ラウンドごとに復活できますけど、死んでしまったら、そのラウンドで出来ることは何もありません。

 

それに加えて、「覚えることが多い」「フレンドリーファイアがある(自分の銃弾が仲間に当たる)」というハードルの高さが初心者を阻みます。

戦略性が高いゲームですので、「ひたすら目の前の敵を倒す」という脳筋プレイも通用しないですし。

 

いったん立ち回りを覚えて、コツを掴んでしまえば楽しめると思いますが、そこに行き着くまでが大変です。

「ただ敵を倒せば良い」という単純なゲームじゃないところがクセモノですね。これも初心者が最初にやるべきPvPとしてはオススメできません。

 

③ PUBG

オススメ度: 1.5 out of 5 stars (1.5 / 5)

  • リスポーン:無し
  • キルタイム:短い
  • キル以外の貢献要素:少ない
  • 1人にかかる責任:重い

 

バトロワの代表格であるPUBGも、初心者にはそこまでオススメできません。

 

「リスポーンが無い」「キル以外の貢献要素が少ない」「1人にかかる責任が重い」という点はApexLegends、R6Sと同じ。

 

ただし、マップが広いので、そんな簡単に接敵することがなく、降りる場所さえ間違えなければ、開幕いきなり死ぬことは無いはず。

また、キル以外の貢献要素はほとんど無いですが、別にキルを取らなくても最後まで生き残ろうと思えば、結構生き残れるので、撃ち合いが弱い初心者でも上位に食い込むことは十分に可能です。

 

そういう意味では、初心者でも楽しめるゲーム…と言いたいところなんですが、PS4版の操作はかなりモッサリしているというか、他のFPSよりもクセがあるように感じます。

 

さらに、PS4版の人口過疎は結構酷い状況であり、人気のTPSモードですら、マッチングに時間が掛かります(時間帯によっては10分以上)。FPSモードはもっとキツイかも…?

 

そこを我慢できるのであれば、試しにPUBGをやってみるのもアリかなーという感じ。

個人的には、PUBGをやるんだったら、PC版かモバイル版をオススメします。

 

④ コールオブデューティーシリーズ

オススメ度: 2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)

  • リスポーン:有り
  • キルタイム:短い
  • キル以外の貢献要素:少ない
  • 1人にかかる責任:重い~少ない

 

「COD」の愛称で親しまれるFPS界の王者・コールオブデューティー。

 

オススメ度は「2.5」としていますが、作品によってはもっとオススメ度が高いものもあります。

例えば、最新作「CoD:MW(モダンウォーフェア)」は、3以上の評価を付けられる作品です。それなりに初心者にもオススメできるゲームと言えますね。

 

少人数のチーム戦がメインなので、1人にかかる責任が重く、純粋にエイム技術で差がついてしまう無骨な作りになっていますが、

何度でもリスポーンできるので、死にながら戦い方を覚えていくことができますし、純粋なFPSの面白さは群を抜いています。

 

そういうこともあってか、初心者にオススメのFPSとして、CODを挙げる人も非常に多い印象です。

 

また、最新作「CoD:MW」は、「グランドウォー」という32対32の大規模戦モードを実装していますので、少人数チーム戦に抵抗がある人でもすんなり入っていけると思いますし、

操作がおぼつかないのであれば、キャンペーンモード(ソロモード)で操作に慣れていくことも可能です。初心者にとっては非常に有難いですよね。

 

個人的には、「本格的なFPSがやりたい」「純粋な撃ち合いを楽しみたい」というタイプの人には一番オススメできる作品だと思っています。

 

⑤ タイタンフォール2

オススメ度: 3 out of 5 stars (3 / 5)

  • リスポーン:有り
  • キルタイム:普通~長い
  • キル以外の貢献要素:少ない
  • 1人にかかる責任:普通~重い

 

こちらは隠れたFPSの名作であり、「CODやBFより面白い」と断言する人もいます。

個人的には、FPSの爽快感を味わいたい初心者が、一番最初にこれをやるのもアリだと思っています。

 

…ただし、発売から3年ほどが経過しており、現在タイタンフォール2をプレイしているのは上級者ばかりだと思うので、今から始めるにはある程度覚悟が必要です。

爽快感があるとは言っても、結局エイム練習をしないと話にならないですからね(;^ω^)

 

発売された直後であれば、星4以上を付けられたんですが、ある程度年数が経過しているという点を考慮して、星3としました。

 

⑥ オーバーウォッチ

オススメ度: 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

  • リスポーン:有り
  • キルタイム:長い
  • キル以外の貢献要素:多い
  • 1人にかかる責任:重い

 

世界的に人気が高く、今でも一定のプレイ人口を誇るのが「オーバーウォッチ」です。

 

最近、Switch版が発売されるなど、再び人気が再燃しており、続編の発売も予定されています。

こちらは初心者にも十分オススメできる作品と言えるでしょう。

 

ゲーム内容としては、役割が異なる複数のヒーローの中から操作キャラを選び、ルールに沿ってチームで戦う…というもの。

必ずしもキルを取ることだけが全てではなく、壁役(タンク)になったり、シールドを張ったりしてチームに貢献することもできます。

 

キルタイムは長めなので、エイム勝負になりがちですが、何度も言うように、キル以外のところでルール関与することも出来ますし、例えるならばスプラトゥーンみたいなゲームですかね。

 

ただし、ちゃんとルールを理解して、立ち回りを覚えないといけないため、適当にやっていれば良いというわけにはいきません。

 

純粋な撃ち合いではなく、戦略を練り、キャラの特性を活かして戦いたいというタイプの人にはオススメできる作品ですね。

 

⑦ バトルフィールドシリーズ

オススメ度: 4 out of 5 stars (4 / 5)

  • リスポーン:有り
  • キルタイム:短い
  • キル以外の貢献要素:多い
  • 1人にかかる責任:少ない

 

最後にご紹介するのは、「BF」の愛称でおなじみのバトルフィールドシリーズです。

FPS界隈では、CODと並んで人気を二分するゲームと言われており、非常にファンも多い作品です。

 

個人的にこちらのシリーズは、

 

初心者に一番オススメのPvPゲーム

 

だと思っています。

 

BFといえば、32対32で戦うコンクエストが有名であり、これだけの大人数で戦うと1人にかかる責任は非常に軽いです。それゆえ「お祭りゲー」と言われています。

 

チーム内に1人くらい下手くそな奴がいても、別に何とも思いません。「あー始めたばかりの人なんだな」と思うくらい。

 

もちろん、バトロワではないので、何度でもリスポーン出来ますし、キルタイムも短いです。

また、医療袋や弾薬を味方に配ったり、倒れている味方を蘇生したり、分隊員のリスポーン地点として待機したり、敵陣深くの旗を裏取りしたり、キル以外にも貢献要素が豊富。

 

操作に慣れるためのキャンペーンモードも実装されていますし、練習場も実装されているので、試し撃ちやリココンの練習もできます。

 

…こんなに初心者に優しいPvPゲームが他にありますかね?

 

もちろん不満点がないわけじゃないんですよ。BF5のお値段を見て頂けると分かるとおり、めちゃくちゃ値崩れしています。

ただ、これに関しては、発売当初はバグが多かったとか、ゲームバランスが悪かったとか、そういう理由であり、今はアプデでそれなりに改善されているとは思いますけどね。

 

純粋な撃ち合いという意味では、CODに軍配が上がりますが、戦略を練りながら立ち回りを研究したり、兵科の違いなどを活かしてプレイしたいという人にはオススメのFPSです!

 

まとめ

以上、FPSゲームを選ぶ時の基準とオススメのゲームについての解説でした♬

 

まあ、ぶっちゃけると、最終的には好みの問題なので、色々とやってみて、自分に合うゲームを見つけていくのが最善だと思います。

自分は「撃ち合い以外の要素が欲しい」というタイプなので、PUBGとかBFシリーズが好きですが、ここは本当に人によりけりです。CODやApexLegendsが合う人も居るだろうし。

 

はたまたPvEで満足できちゃう人も居ると思います。CODやBFについてもキャンペーンモードを目当てで買う人もいますからね。

 

というわけで、どうか楽しいFPSライフを!グッドラック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です