【GTAオンライン③】初心者が車両取引で稼げるのか検証してみた。オススメの乗り物用倉庫も紹介します。

 

今さらGTAオンラインシリーズ・第3回!

前回の記事は↓こちら。

【GTAオンライン②】バザードを買ったら次はテラーバイト!クライアントジョブでビジネス開業資金を貯めよう!

2019年9月24日

 

今回は、車両取引ビジネスのために、いよいよ公開セッションの世界へと飛び込んでいきます!

 

オススメの乗り物用倉庫

…と、その前に。オススメの乗り物用倉庫について説明しておきます。

 

オフィスについては、特にこだわりがなければメイズバンクウェスト($1,000,000)でOK。

 

テラーバイトを持っていれば、オフィスを使うことがないので、

ホントにどこでも良いと思います。

 

問題は乗り物用倉庫です。

巷では最安値のラ・メサが一番良いと言われていますが、

私は敢えて違うところにしました。

 

ずばり、↓ここです。

 

ロスサントス国際空港(西)です。

 

あんまり聞かないですよね(^-^;

というわけで、この倉庫のメリット・デメリットについて説明しましょう!

 

メリット

人気の乗り物用倉庫といえば、

最安値の「ラ・メサ」、その次に安い「エル・ブロ・ハイツ」といったところですが、

いずれもロスサントスの東部エリアに集中しています。

 

▲人気の乗り物用倉庫は東部エリアに集中している。

 

公開セッションに入ったら、必ず1人ぐらいは、「ラ・メサ」または「エル・ブロ・ハイツ」を根城にして、車両取引をしているイメージです。

 

要するに、ここを選んでしまうと、

かなりの高確率で他人とバッティングしてしまうんですよ…。

 

しかし、ロスサントス国際空港の乗り物用倉庫は、

激戦エリアの真逆に位置しているため、ほぼバッティングすることはありません。

 

やってみると分かりますが、これは心理的にもかなり楽です。

いちいちセッションを変える必要がないので。

 

また、この倉庫は、ベスプッチヘリポートや空港滑走路に近いため、

すぐにバザードやカーゴボブを取りに行くこともできます。これが地味にデカい。

注意

ただし、ヘリや戦闘機を取りに来るプレイヤーも多いということであり、場合によってはデメリットになります。

 

もうひとつ。

倉庫の前にはそれなりに大きなスペースがあるので、カーゴボブでの運搬が非常に楽です。

調達・売却にカーゴボブを使用する予定であれば、大きなメリットかもしれません。

▲倉庫前のスペースはそれなりに広い。

 

メリットまとめ
  • 他の人と被ることがほとんどない。
  • ヘリポートが近いので、ペガサス車両を取りにいきやすい。
  • 倉庫前のスペースが広いので、カーゴボブで運搬しやすい。

 

デメリット

その一方で、もちろんデメリットもあります。

 

まず、倉庫に入るための道路が片側一車線であり、

予期せぬクラッシュ事故を起こしやすいです。

そんなに距離があるわけじゃないですが…。

 

また、すぐに高速道路に乗れるわけではなく、

売却時にしばらく市街地を通る必要があるのも気になるところ。

カーゴボブで一気に高度を上げて市街地を通過するなど、工夫が必要になってきます。

▲倉庫に入る道は片側一車線となっている。

 

あと、倉庫を出てすぐのところでバザード(CEOの乗り物)を呼ぶと、

何故か倉庫前ではなく、空港の方に出現します。これが地味にウザいです。。

 

↑このあたりでヘリを呼ぶと、バザードが空港の方に出現します。

 

自分のすぐ近くに出現させたいのであれば、↑このあたりで呼びましょう。

本当に微妙な差ですが。

 

デメリットはそんなところですかね。

もっとも、乗り物用倉庫はどこを選んでも大差無いと言われているので、

実際のところはどこでも良いのかもしれません。

 

デメリットまとめ
  • 倉庫に進入する道路が片側一車線であり、事故を起こしやすい。
  • 売却時にしばらく市街地を通ることになるので、運搬には工夫が必要となる。
  • バザードをヘリを呼び出す位置に注意する必要がある。

 

自由照準セッションでひたすら調達!

事前に自由照準セッションは人が少ないと聞いていたので、

操作方法を「自由照準(アシスト)」に変更してから、公開セッションの世界へと潜っていきました。

 

…まあ、とはいっても、考えていることは他の人も同じなので、

自由照準セッションだからといって極端に人が少ないというわけではないですね。。

 

多ければ20人以上いることもあるし、少なければ自分しかいないこともあるし。

▲多いときは自由照準セッションでも20人を超える。

 

あと、自由照準セッションでプレイしてるってことは、

ひたすらビジネスでもやってるのかと思いきや、全然そんなことありませんでした(;^ω^)

 

オプレッサーに乗って荒らしまくってるキッズもおるがな!w

 

カーゴボブで車両を調達している最中にミサイルで撃墜されるなど、2~3回妨害されました。

 

初心者の人はここ注意してくださいね…。

自由照準セッションはオートエイムセッションより人が少ないってだけで、普通にPK・荒らしはあります。ホーミングミサイルは自由照準でも関係ないですから。

 

個人的には、セッション内の人数は5~6人が限度かなーと思います。

ただし、CEOに登録するわけでもなく、ブラブラしている人がいたら要注意。

オプにでも乗っていようものなら即セッション替えを推奨しますよ。

 

そういった点に注意しつつ、ひたすら車両を調達していきます。

調達している間は一切報酬はありませんが、あとで大きく稼いでいくために必要な準備期間として割り切っていきましょう。

 

車両取引は初心者にオススメなのか?

車両取引は、20分おきに1回売却するだけで8万ドル稼げますので、

1時間で24万ドル稼げる計算になります。

 

これだけ聞くと割の良い話に聞こえますが、実際のところはどうなんでしょう。

以下、個人的な感想です。

 

調達ミッションについて

仮に、他プレイヤーによる妨害がなかったとしても、

そもそもクリアするのが難しい調達ミッションもあります。

 

例えば、奪われた逃走車両を奪い返せってやつ。

個人的には一番苦手なやつでして、今まで一度も成功したことはありません(;^ω^)

 

↑相手の逃走ルートを先回りして、テラーバイトで道を塞いでやろうと待ち構えているところです。

 

結論から言いますと、こういう小手先のテクニックでどうにかなる話ではありません。

あいつら強引にバリケードを突破していきますからね。

タックルしても止まらないですし、おそらくドライブバイで運転手を狙撃する以外に無いと思います。

 

あと、レースで目標タイムをクリアしろってやつ。

普段、車・バイクレースをしない人には無理っす。目標タイムがシビアすぎる。

 

ちなみに、途中で車(またはバイク)を降りると、その時点でミッション失敗になってしまうので、ヘリや戦闘機に乗り換えてゴールすることは出来ません。

 

本当に自力でレースに勝つ以外にないんです。

 

▲途中で車を降りると、その時点で調達ミッションは終了となる。

 

補足

ただし、オプレッサーMk2はバイク扱いなので、これを使えば楽にクリアできるとの情報もあります。

 

この2つのミッションが来てしまったら、

「はぁ~~……(´Д`#)」

って、かなりイライラした溜め息が出るレベル。

わざと失敗して、次の調達ミッションに切り替えた方が良いように思いますね。

 

売却ミッションについて

とは言っても、調達ミッションについては失敗が許されます。

 

「32台の法則」と言いまして、32台集めきってしまえば、あとはトップレンジの調達&売却を繰り返すだけ。

調達ミッションに失敗したとしても、売却インターバルに別のトップレンジを調達すれば済みます。

 

しかし、売却をミスるのは意味が異なります。

報酬が手に入らないだけでなく、前払いの改造費は手元に返ってこないので、

トータルでマイナスになってしまうんです。

 

うーん、このw

 

カーゴボブで車を吊り上げて、高度を上げて運搬するとか、

幽霊モードを使用するとか、

フレンドに手伝ってもらうとか、

何らかのリスクヘッジは必要になってきますね。

 

まあ、要するにビジネスにはリスクが付き物ってことです。

運が良ければ1時間で3台売却することも可能ですが、

運が悪ければ妨害されて収入ゼロの可能性もあります。

 

個人的に、初心者は、

車両取引とクライアントジョブを交互に繰り返す

のが良いんじゃないかと思います。

 

仮に車両取引で失敗しても、招待限定セッションでのクライアントジョブは確実に稼げるので、収入がゼロになることはありません。

 

「成功したらラッキー」ぐらいの感覚でやるのが良いんじゃないかと(;^ω^)

 

★第4回はこちら↓

【GTAオンライン④】ついに初心者がオプレッサーMk2をゲットしたよ!(+余談)

2019年9月30日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です