【キングダムカム】チュートリアル終了後から「戦火の洗礼」までの攻略!金策のコツも教えます。

 

今回は、チュートリアルをクリアした後、メインクエスト「戦火の洗礼」(序盤の山場)をクリアするまでの流れをざっくりと説明します。

 

序盤のゲームの進め方が分からない人は参考までにどうぞ。

この記事では、クエスト攻略で注意すべき点、金策のコツなどをピックアップして、効率よくゲームを進めるための情報をまとめています。

 

なお、チュートリアル攻略はこちらの記事をどうぞ↓

キングダム・カム デリバランスの序盤チュートリアル攻略(MAP付き)

2019年7月19日

 

1. 目覚め

チュートリアルが終了すると、ラッタイの製粉所で目覚めます。ここからがキングダムカムの本番です。

 

このパートは、とにかくペシェクのサブクエ「義賊」を最優先でクリアしてください。

それまではメインクエストは無視してもいいです。

 

何故かと言うと、

  • ペシェクの借金を返済しないと次第に評判が下がり、ベッドで寝れなくなる。
  • ペシェクのサブクエをクリアすると盗品を売却できるようになる。

このようなデメリット・メリットがあるからです(いずれも無視できない)。

 

ペシェクのサブクエ攻略に必要となる「シャベル」は、製粉所の敷地内の荷車に立て掛けられています(若干分かりづらいので注意)。

 

なお、ペシェクのサブクエで一番難しいのは、処刑人の家にあるチェストをロックピックで解錠することだと思いますが、先にロックピックの設定を「左スティック」から「L1ボタン」に変えておきましょう。解錠の難易度がグッと下がります。

(日中は処刑人が起きているので高確率で戦闘になりますが、深夜に忍び込めばバレません)

 

ペシェクのサブクエをクリアしたら、ピルクシュタインへ行ってラジク卿に会いましょう。

 

POINT

ペシェクのサブクエを最優先。終わったらメインクエストを進める。

 

2. 精進する者、敵を制す & 平穏を乱すべからず

普通に進めるだけです。

メインクエスト「精進する者、敵を制す」をクリアすると、バーナード隊長の訓練を受けられるようになります。

なお、執行官の場所が非常に分かりづらいですが、中庭の階段を登った先の部屋の中にいます。

 

POINT

淡々とメインシナリオを進めるだけ。この時点では金策やレベル上げのことは気にしなくていい。

 

3. 狩るか、狩られるか

戦闘のあるパートです(回避することも可能ですがリトライ前提)。

このパートをクリアすれば、ヘンリー専用の馬が手に入ります。

 

ウサギの狩り方

動かずにジッとしていれば、そのうちウサギが近くを通るので、その際に弓で射るのが一番良いと思います。場合によっては追いかけて行って素手で倒すことも可能です。

カポン卿との狩り対決がどうでも良いのであれば12時まで時間を進めましょう。

 

捕われたカポン卿の救出方法

カポン卿を救出する方法は2つあります。

  • クマン兵が目を離している隙にカポン卿の縄を解く。
  • クマン兵(2人)を倒す。

 

もし、戦いたくないのであれば、タイミングを見計らって縄を解きましょう。

ただし、クマン兵は2人いるため、かなりの高確率で見つかってしまいます。リトライ前提ですね。

 

クマン兵と戦う場合は、後ろからこっそり近づいて行って、1人をノックアウトしてから戦いましょう。

このとき、より安全に勝ちたいのであれば、盾を持っている方のクマン兵をノックアウトしてください。残った弓兵は盾を持っていないので楽に勝てます。

 

ヘンリー専用の馬が手に入るため、このパートまでは進めてしまった方が楽です。

 

POINT

  • ジッと動かない方がウサギは狩りやすい。
  • クマン兵と戦う場合は、盾を持っている方を先にノックアウトすること。
  • ちなみに、クマン兵から無理に装備を盗む必要はない(理由は金策の項目で述べる)。
  • ヘンリー専用の馬が手に入るので、このパートまで進めてしまった方が楽。

 

4. 追跡行

メインクエスト「狩るか、狩られるか」をクリアすると、自動的に「追跡行」が始まります。

 

中庭にいるバーナード隊長を無視して、別の場所に行ってしまうと、あとでノイホフで合流したときに、こっぴどく怒られて評判も下がります。

それが嫌な人は、すぐにバーナード隊長に話しかけて、一緒にノイホフまで移動しましょう。

 

この時点で、話術レベルが5ぐらいあるのが理想。

もし無いのであれば、いったん「追跡行」をクリアした後、サブクエをこなすなどして話術レベルを上げた方が良いです。

 

POINT

  • バーナード隊長の評判を下げたくないのであれば、すぐに話しかけて一緒に移動する。
  • 流れに沿ってノイホフでの調査を進める。
  • 話術レベルが5以上あればそのまま進めてOK。

 

5. 赤髪、危機一髪

話術レベルが5以上あれば、炭焼き職人に対する尋問を有利に進められます。

 

ここで特に注意したいのは、タルムバーク付近にいる炭焼き職人。

盗賊退治を頼まれても「あの盗賊どもは死んだ」と嘘をつけば戦闘を回避できます。バカ正直に盗賊退治を請け負うと、盗賊2人を倒さなくてはならず、非常に難易度が高くなります

(ろくに戦闘レベルを上げずに進めた場合、バーナード隊長に協力してもらわない限り、盗賊を倒すのはほぼ無理です)

 

POINT

  • 話術レベルが5以上あれば尋問を有利に進められる。
  • 戦闘を回避したいのであれば「盗賊は死んだ」と嘘をつく。
  • バーナード隊長に協力してもらって盗賊を倒すことも可能だが、先に報告を済ませないとクエストは失敗扱いになる。

 

6. 主の御業は謎めいて

ウージッツでルボシュの聞き取り調査を行うパート。

もし、ゴドウィン神父から情報を聞き出す場合、注意すべき点が2つあります。

 

ケンカに加勢

まず、酒場でゴドウィン神父と酒を飲み交わしたあとケンカに加勢する際に、ゴドウィン神父を襲っている奴以外をボコボコにしていると、そのうちクエストが失敗になって、村人たちと本格的に敵対関係になってしまいます。

なので、ケンカに加勢する際は、常にゴドウィン神父を護衛するように立ち回ること。これが重要です。

 

教会での説教

次に、教会での説教については、以下の順で選べば成功します。

①「堂々とした説教を始める。」

②「我らは放埓な聖職者を拒むべきである。」

③「荒々しく続ける。」

④「人間は罪を犯すものである。」

⑤「荒々しく続ける。」

⑥「締めくくりに少し引用する。」

 

ゴドウィン神父のクエストが失敗になった場合、書記官から情報を聞き出すこともできます。

その場合、一度ラッタイに戻らなくてはならないのでちょっと面倒臭いです。

 

7. 残り香

レデチコに移動して、鼻曲がりの行方を追うパートです。

父親、浴場の女、宿屋の主人に話しかけると、ヒネクの隠れ家の情報が聞き出せます。

 

ここで注意すべきポイントがひとつ。

ヒネクが隠れているのは「レデチコ付近の小山にある洞窟」なんですが、制限時間内にここにたどり着くと、生存しているヒネクからノイホフで起こった一連の事件の詳細を聞き出せるものの、盗賊3人と戦うことになります。これが結構厄介です。

 

なので、腕に自信のない人は、わざと時間を潰すなどしてヒネクを見殺しにしましょう。

その場合、詳細な話は聞けませんが、瀕死状態のヒネクから仲間の情報を聞き出せますし、盗賊との戦闘も回避できます。

 

POINT

腕に自信のない人は、わざと時間を潰すなどしてヒネクを見殺しにした方が楽。

 

8. 我が友、ティミー

このパートは、大きく2つのクリア方法があります。

  1. ティミーからアジトの場所のヒントを聞き出す。
  2. 盗賊に協力して、あとで盗賊からアジトの場所を聞き出す。

 

これは、ぶっちゃけどっちでも良いです。

 

「1」を選んだ場合、ヒントを頼りにアジトの場所を自力で探すことになりますが、ヒントを無視して、ロヴナから川沿いに北にのぼっていけば、アジトに辿り着きます。

「2」を選んだ場合、最初からマップ上にアジトの位置が示されています。

 

「2」のルートでアジトにたどり着いた場合、盗賊の名前を言えば、アジトの中に入ることもできますが、ちょっとでも変な行動をしたり、滞在時間が少し長くなったりしただけで、「敵」と認定されて襲ってきます。

 

別に破壊工作は必須ではないので、アジトの中に入る必要はありません。グルっとアジトを一周して情報を集めたら、すぐにラジク卿のところへ報告に行きましょう。

 

大事なのはラジク卿に報告するときの敵の数。

自信のない人は「かなり大勢いた」と最大数で報告しておくことをオススメします。

 

最後に、タルムバークのディヴィシュ卿に増援を要請しに行きますが、ここがゲーム前半最後の自由時間です。

レベル上げや装備集めが済んでいない人は、ディヴィシュ卿の「部下の案内を頼めるか?」という問いに対して、まだ準備が済んでいないと回答しましょう。

 

POINT

  • アジトの中に潜入して破壊工作をする必要はない。グルっと1周したら報告に戻る。
  • 自信のない人は敵の数を最大数で報告しておく。
  • ここが準備を整えるゲーム前半の最後のチャンス。

 

レベル上げ、金策、装備集めについて

レベル上げ、金策、装備集めをするタイミングは、「主の御業は謎めいて」と「我が友、ティミー」の間のどこかで行うのが良いと思います。

 

なぜなら、「主の御業は謎めいて」までメインクエストを進めると、バーナード隊長がラッタイの闘技場に再び出現するようになり、効率よく訓練を受けられるからです。

 

レベル上げ

ひたすらバーナード隊長の訓練を受けましょう。

その際、必ず「マスターストライク」は習得してください。絶対に必要になります。

 

どこまでレベルを上げれば良いのか分からない人も多いと思いますが、戦闘能力、剣(メイスや斧でも可)、防御、筋力、俊敏さを10以上に上げてください。お金の力を使ってレベルを上げても良いです。

 

このあと、盗賊団の頭であるラントとの戦いが控えており、この戦闘だけはどう足掻いても避けられません。

その際、目安になるのがレベル10です。これ以下のレベルでも倒せますが、バーナード隊長から訓練を受けられるチャンスはここだけなので、思いっきり上げておくことをオススメします。

 

POINT

戦闘能力、剣、防御、筋力、俊敏さをレベル10以上に上げる。

 

金策・装備集め

金策の方法はいくつかありますが、金策と装備集めを同時に行うことができる最も効率の良い方法をご紹介します。

 

まず、装備品・所持品を全てチェストに預けて、馬に乗った状態でスカリッツまでファストトラベルします。出発するのは早朝がベストです。

ちなみに、ファストトラベルの道中で盗賊に襲われたとしても、馬に乗っていれば走って逃げることが可能です。

 

スカリッツに到着したら東門に向かってください。

すると街の中で、兵士と盗賊(クマン兵)が戦っているところに遭遇するので、戦闘が終わるまで物陰に隠れて待機します。

 

しばらくすると、兵士 or 盗賊のどちらかが勝ちます。

 

兵士が勝った場合、そのまま近づいて行って、盗賊の死体から装備品を盗みます。兵士は「なんだお前は?」と言ってきますが、敵対関係にはなりません。

 

盗賊が勝った場合、盗賊がその場を立ち去るのを待ちましょう。しばらくすると東門から出ていくので、盗賊が立ち去ったのを見計らって、兵士の死体から装備品を盗みます。

 

あとは、装備品を掻き集めて、馬の積荷にも載せられるだけ載せます。

(ただし、荷重オーバーしてしまうとファストトラベルが出来なくなるので注意)

 

ラッタイまで戻ったら、装備品の性能を比較し、ヘンリーの装備として使うか、売却するかを取捨選択します。

兵士から取った装備は盗品扱いになるため、ペシェクに売却するか、しばらくチェストに預けてから売るといいでしょう。

 

これを1回やるだけで、2000ぐらいは軽く稼げますし、ヘンリーの装備もかなり整います。

おそらく、これを2〜3回やればお金と装備に関しては十分だと思います。これ以外の金策・装備集めは不要です。

 

POINT

  • スカリッツまで行って、兵士・盗賊の装備品を剥がして売るだけで金策・装備集めは十分。
  • これ以外の金策・装備集めはやる必要がない。

 

その他(サブクエなど)

未検証ですが、「戦火の洗礼」まで進めてしまうと、進行できなくなるサブクエが一部あるらしいです。

なので、サブクエについてもこのタイミングで消化しておくことをオススメします。

 

9. 戦火の洗礼

序盤最大の山場。初めて集団戦をやるパートです。

人によっては詰んでしまうため、順を追って解説します。

 

キャンプに入る道を切り開く。

味方についていって、時折、敵の背後から攻撃しているだけでOK。

勝手に味方が倒してくれます。

注意

全ての集団戦に共通して言えることですが、大事なのは次の3つです。

  • 間違えて味方を殺さないこと。
  • 味方から離れて単独で行動しないこと(一部例外有り)。
  • 時々、敵の背後から攻撃してこちらに注意を向けさせること。

 

戦いながらクマン人のキャンプに行く〜クマン人の指揮官を倒す。

やることは同じ。

味方についていって、時折、敵の背後から攻撃しているだけでOK。

 

弓兵に対処する。

ここが超重要。

クマン人の指揮官を倒すと、ラジク卿が「集合!」と言って兵士を集めます。その後、「あの弓兵を何とかしろ!」と言うんですが、注意深く見ていないと、訳が分からないままクエスト失敗になります。

 

実はこのとき、弓兵がコソコソと門から逃げ出しているんです。

これを追いかけて行って弓兵を倒しましょう。このときだけは、ヘンリー単独で行動してもOKです。少しでも弓兵の数を減らしておくことが重要になってきます。

 

戦いながら教会に行く。

ここでも、やることは同じです。味方についていって、敵の背後から攻撃。これを繰り返します。

このとき、もしヘンリーの体力がヤバイようであれば、クマン人のキャンプに突撃するところからやり直した方が良いです(仮に教会の門を突破できても、ラント戦には勝てません)。

 

尖塔で盗賊の頭を倒す。

最後にラントとのボス戦です。この戦闘だけは回避できません。

 

私は、戦闘能力8、剣9、防御9、筋力8、俊敏さ8、体力7、片手剣+プッシュシールド+フルプレートアーマーで勝ちましたが、私が意識したことを書いておきます。

 

ラント戦の極意
  • スタミナ切れに注意。むやみに連続攻撃をしない。
  • まずは、クリンチ状態→突き飛ばしを繰り返しながら相手のスタミナを削っていく。
  • 相手が仕掛けてきたところにマスターストライクを狙う(覚えていないと詰む)。
  • マスターストライクが入ったらスタミナが尽きている証拠なので、連続攻撃を叩き込んでいく。

 

こんな感じです。

どうしても勝てないようであれば、ディヴィシュ卿に話しかける前のセーブデータに戻って、もう一度レベルを上げることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です