【比較】キングダムカムとウィッチャー3は全く別のゲームです。

 

らっしゃい、ヨコスケ(@yokosuke_game)です。

 

キングダムカム・デリバランスは中世ヨーロッパを舞台としたオープンワールドRPGなので、ウィッチャーみたいなゲームを想像している人も多いと思う。

 

ごめん。いきなり、その期待をバッキバキに叩き砕いてしまって申し訳ないけど、全然違うゲームです。それどころか、雰囲気が似てるってだけで、ゲーム性は真逆

ウィッチャー3みたいなゲームを期待してたら、松田優作ばりに「なんじゃぁ!こりゃあ!!」って、ハスキーボイスが口から洩れてくるよ。

 

個人的に、「ココが違う!」って箇所を挙げていくので、理想と現実のギャップを埋めていってくださいね。

 

主人公

ウィッチャー3の主人公は、渋~いオジサマであるゲラルト

ゴルゴ13やアル・パチーノの担当声優として有名な山路和弘さんが声を担当している。

 

ゲラルトは、剣術・魔法の力にも長けた超人的な戦闘能力を持ち、どんな場面にも動じない屈指の精神力を誇る。その渋い風貌と冷静沈着な立ち振る舞いから、女にモテまくり、暇さえあれば女を抱いているプレイメーン。

世界中にファンがおり、ゲラルトを描いたファンアートは、ネタ絵も含めて多数にのぼる。おそらく、クラウドなどと並んで、最も人気のあるRPGの主人公と言えるだろう。

 

一方、キングダムカムの主人公は、いかにも弱そうな外見のヘンリー

海外ドラマ・映画の吹き替えをやっている水野 駿太郎さんが声を担当している(ドラマ『アンダーカバー』ダニエル・ラドクリフ役)。

 

ヘンリーは、「外の世界を見たい」という少年漫画の主人公みたいな夢を持っており、密かに剣術の訓練をしているが、しょっちゅうケガをするので、すぐに親にバレる。そのうえ、「べ、別に、悪いことはしてないし!」と、子どもみたいな誤魔化し方をする。

また、父親に借金をしているゴロつきのところに行って、「金を返さないと、痛い目に遭わせるぞ!」と啖呵を切るものの、逆にボコボコにされる。結局、仲間に泣きついて助けてもらうのだが、助けてもらうために、人ん家の外壁に馬糞を投げることすら厭わない。

 

要するに、ゲラルトが「熟練された大人」だとすれば、ヘンリーは「成長過程の子ども」だ。

この後、更に詳しく書いていくが、このゲームは、剣の扱い方すら知らないヘンリーの成長を楽しむゲームとなっている。

 

戦闘

ウィッチャー3は、剣や印(魔法)を駆使する戦闘システムとなっており、ゲラルトの能力次第では、バッタバッタと敵をなぎ倒す無双感を味わうこともできる。

好みが分かれるところだが、概ね爽快感のある戦闘と言えるだろう。

 

一方、キングダムカムは、物理攻撃オンリーのリアルバウト。1人称視点で敵と対峙し、Lスティックで動き回ったり、Rスティックで構えを変えたりしながら、相手の隙を探し、フェイント・カウンター・コンボを狙っていくシステムとなっている。

爽快感のある戦闘とは言い難く、何も考えずにポチポチしているだけではザコ敵にすら勝てない。ひとつひとつの戦闘が “命懸け” であり、良く言えば「緊張感のある戦闘」、悪く言えば「面倒くさいだけのダルい戦闘」と言える。

 

たぶん、多くの人にとって、ここが一番ストレスの溜まる部分だと思う。

最初の方のヘンリーは、マジでクソザコであり、ひとつひとつの動きがもっさりしていて、本当にイライラさせられる。

ただ、訓練を重ねて、戦闘能力が上がってくると、見違えるほど動きが良くなり、「おぉ!あのヘンリーがよくぞここまで!」と感動を覚えるようになる。ヘンリーの成長過程を温かく見守れる人なら楽しめるんじゃないだろうか。

 

世界観・ストーリー

ウィッチャー3は、架空の世界を舞台としており、現実には存在しない国、モンスター、魔法などが登場する。ファンタジー色の強い世界観が特徴である。

そのため、ウィッチャー3では、現実にはあり得ない現象によって物語の辻褄を合わせるなど、ご都合主義的な演出が随所に見られる。「ウィッチャーの感覚」を使った探索はその最たる例。

 

一方、キングダムカムは、15世紀のボヘミアを舞台としており、ストーリーも史実に基づくなど、現実に即した世界観となっている。

現実志向に基づくため、ファンタジー要素は皆無であり、世界観も徹底的にリアルにこだわっている。例えば、集合場所に直行せずに、ちょっと寄り道しただけで、「何を考えているんだ!」と怒鳴られる。現実世界では、「メインクエストは後回しにする」という選択肢は存在しないからだ。

 

たぶん、ここも評価が分かれる。

キングダムカムの自由度は高いっちゃ高いが、「現実ではあり得ない現象」は存在せず、それゆえ「リミッターを外した自由」とまではいかない。中世ヨーロッパのリアルな暮らしを追体験できるシミュレーターと捉えるなら最高のゲームかもしれないが。

 

まとめ

確かに、雰囲気はウィッチャー3に似ているし、もし、キングダムカムのことを一言で紹介するなら、(不本意ながら)「雰囲気”だけ”はウィッチャー3みたいなゲーム」と言わざるを得ない。

だけど、中身は全くの別物だし、ウィッチャー3を想像して購入したら後悔すること間違いなしだ。くれぐれもご注意頂きたい。

まとめ
  • ウィッチャー3 ⇒ ゲラルトが「俺tueeeee!!」するゲーム
  • キングダムカム ⇒ ヘンリーの成長を見守りつつ、15世紀ボヘミアの雰囲気を楽しむゲーム

 

こちらの記事もどうぞ☆

PS4版・キングダム・カム デリバランスを5時間プレイした序盤感想。

2019年7月19日

キングダム・カム デリバランスの序盤チュートリアル攻略(MAP付き)

2019年7月19日

【キングダムカム】チュートリアル終了後から「戦火の洗礼」までの攻略!金策のコツも教えます。

2019年8月4日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です