やっとソニーがPS4のクロスプレイを解禁。クラウドゲームに対する布石か?

 

長年にわたって、クロスプレイを認めない姿勢を貫いてきたソニーが、ついにPS4のクロスプレイを全面解禁すると発表しました。

 

これにより、「フォートナイト」や「ロケットリーグ」など、一部のゲームに限って例外的に認められていたクロスプレイについて、

他のゲーム会社もマルチプラットフォームを前提としたゲームをPS4で自由に開発できるようになります。

 

クロスプレイ解禁によるメリット・デメリット

メリット

クロスプレイを解禁することによって得られるメリットは以下のようなものです。

 

メリット
  • 異なるハード機を持っているフレンドとオンラインマルチプレイが楽しめる。
  • ゲーム人口が増加するので過疎りにくくなる。
  • コンテンツの寿命が長くなる。

 

異なるハード間のマルチプレイについては、既に「フォートナイト」で証明済み。

「フォートナイト」は、PS4とSwitch、SwitchとiPhoneというように、異なるハード間でのクロスプレイが認められていたからこそ、世界中での大ヒットに繋がりました。

 

今後、フォートナイトみたいなゲームが増えることにより、ユーザーの楽しみ方はもっと広がっていくことになるでしょう。

 

また、開発会社にとっても良いことずくめ。

ランクマッチの導入・マッチング時間の短縮など、ユーザーの離脱を防ぐ施策が打ちやすくなるので、PS4のクロスプレイ解禁は大歓迎でしょうね。

 

デメリット

その一方でデメリットも。

 

デメリット
  • 操作環境が異なるため、ゲームによっては有利・不利がはっきりと出てしまう。
  • 機種スペックの差がそのまま勝敗に結び付くこともあり得る。

 

何と言っても、操作環境の差はデカいです。

FPSゲームの場合、PCマウサーが圧倒的に有利ですし、物理コントローラーとバーチャルパッドの有利・不利の問題も残ります。

 

PCだけサーバーを隔離するとか、パッドを使用しているモバイルユーザーをCSサーバーに移すとか、そういう格差是正措置も考えられますが、それだと何のためのクロスプレイなのか分からなくなりますし…。

 

あと、機種・端末のスペック差も大きい。

高性能のゲーミングPCとPS4無印とでは、フレームレートが全然違うので、普通にやっていれば、圧倒的にPCが有利です。

同じモバイル端末でも、iPhoneとiPadでは天と地ほどの違いがあるし、平等なプレイ環境を実現することは不可能と言ってもいいでしょう。

 

まあ要するに、クロスプレイを解禁するということは、↑こういう格差が生じるということであり、格差をどこまで許容するのか、見極めが重要となってきます。

 

クラウドゲームに対する布石

PS4のクロスプレイ解禁については、

 

「何でいまさら?」

 

っていう感想を抱く人も多いんじゃないですかね~。

クロスプレイ解禁を望む声は昔から多かったし、ソニーは頑なにこれを否定してましたから。

 

【PUBG】PS4版とXbox版のクロスプレイ実装!過疎化はどうなる?

2019年8月22日

 

ただ、もうひとつ気になるニュースがあるんです。

ソニーは、同社のクラウドゲームサービス「PlayStation Now」の月額利用料金を値下げすると同時に、「GTA5」や「ゴッド・オブ・ウォー」といった人気タイトルを追加しました(3ヶ月限定ですが)。

(参考)PlayStation™Nowがサービス変更! 1ヶ月利用権1,180円、『ゴッド・オブ・ウォー』など人気タイトルも追加!

 

これってさ、明らかに11月にリリース予定の「STADIA」を意識してますよね…?

 

スマホゲーマー必見!STADIAがもたらすゲーム業界の未来とは。

2019年7月21日

 

以前、こちらの記事でも書きましたけど、今後クラウドゲームが伸びてくることが予想されます。

クラウドゲームが台頭してきたときに、対抗できる手段を持っていないと、CSゲーム界隈は総崩れになってしまうおそれもあります。ソニーがその点を考えないわけがありません。

 

私は、こういう流れを見たときに、ソニーによるクロスプレイ解禁は、ハードの垣根を超えて、お互いが共闘することにより、STADIAに対抗しようとしているように映るんです。

自分たちだけで生き残るんではなくて、CSゲーム同士で手を取り合った方が得策と踏んだんじゃなかろうかと。

 

どうですかね?

PS Nowの値下げも含めて、私はそういう印象を受けましたが、皆さんはどう思いますでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です