【PUBG】PS4版とXbox版のクロスプレイ実装!過疎化はどうなる?

 

先日、『PUBG』のPS4版とXbox版のクロスプレイ導入がアナウンスされた。9月のテストサーバーで適用した後、10月初旬のアップデートで実装される予定だ。

 

このニュースを聞いて、

「ひゃっほー!ついにクロスプレイが実現したぜぃ!!」

 

…と喜んでいる人は一体どのぐらい居るんだろうね。

 

シグレ
なんだか、今更って感じがする…。
ベンゾー
確かに、旬は過ぎてるもんな。

 

そう。PUBG自体がかなり下火になっている現在において、クロスプレイを導入することにどれほどの意義があるんだろうか…と思うので、個人的に思っていることを書いていくよ。

 

PUBGは今でも人気なのか?

「今でも人気か?」と問われたら、それに対する答えは「イエス」でもあり、「ノー」でもあると思う。

 

例えば、PC版(Steam)のプレイ人口は一時期に比べたら減っているけど、それでもSteam全体で2位につけており、80万人ぐらいが今でもプレイしているらしい。

ピーク時のプレイ人口が300万人ぐらいだったので、結果として4分の1ぐらいにまで減ってしまったけれど、これはピーク時が異常だったと表現する方が正しい。

 

ただし、PS4版はPC版と同じようにはいかない。リリースが遅かったこともあって、注目度はかなり低く、正確な数字は分からないものの、プレイ人口はかなり少ないと思われる。

私は、発売とほぼ同時に購入したけれど、マッチングが成立するまでに5分ぐらいかかることもザラだった。最近はもっとマッチングが成立しづらくなっているという話も聞くし、どんどん過疎が進んでいるんだと思う。

(PS4でもそうなのだから、Xboxで過疎っていないわけがない)

 

ところが、モバイル版は好調なのだ。

一説によると全世界でのダウンロード数が1億を突破したらしく、アクティブユーザーも非常に多い印象を受ける。私もモバイル版をちょくちょくプレイするんだけど、マッチングの待ち時間は無いに等しい(ただし、botも多いが…)。

 

以上をまとめると、こんな感じだ。

PUBGの人気
  • PC:ピーク時に比べたら人気は落ちたけど、依然として人気。
  • PS4・Xbox:不人気。過疎。
  • モバイル:大人気。賑わっている。

 

クロスプレイは良いんだけど…

もちろん、クロスプレイはどんどんやっていくべき。その方向性は賛成する。

 

だけど、既に過疎ってしまっているPS4・Xboxの間だけでクロスプレイを認めても、焼け石に水なんじゃねえの?って思ってしまう。

少なくとも、フォートナイトと同じように、モバイルを含めてクロスプレイを検討していかないと、PS4・Xboxユーザーの救済には繋がらないと思う(モバイルユーザーの離脱を防ぐために、絶対に実現しないだろうが)。

 

まとめ

結論:

過疎が嫌なんだったら、PC版かモバイル版をやろう。

 

以上。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です